汚れの多い赤ちゃん服の優しい洗濯方法とは

優しい洗濯方法

赤ちゃんの洗濯はどのようにするといいか

赤ちゃんの衣類は、おっしっこやうんちが漏れたり、母乳やミルクを吐いたりしてすぐにたまり、大人の衣類以上に洗濯しなければなりません。育児と家事に追われた母親にとってこれらの洗濯は効率良くこなしたいものですが、そのためにはどうしたらいいのかを紹介しましょう。 まず基本の洗濯の仕方として肌の弱い赤ちゃんには、粉洗剤は不向きです。ですから液体洗剤か、もしくは赤ちゃんのための専用洗剤を使うと安心です。しばらくは大人のものと分けて洗うと良いのですが、どうしても時間が無い時には大人のものと一緒に洗っても大丈夫です。でもその時には、しっかりとすすぎを行う必要があります。そして、汚れに応じて分けて浸け置きをしておくだけでも汚れの落ち具合が変わってくるので、おしっことうんち汚れバケツ・おっぱい汚れバケツというように分けて用意しておくといいでしょう。 このように少しでも工夫しておくだけで洗濯が楽になるので、是非やってみて下さいね。

肌に優しい無添加洗剤

赤ちゃんはもちろん、敏感肌やアトピーの人の洗濯をする時に優しいのが無添加洗剤です。肌への刺激性の心配もなく、保湿成分に植物性グリセリンを配合しているので非常に安心して使用することが出来ます。 無添加洗剤を使用した場合、アトピーがあった赤ちゃんの湿疹が軽くなったケースが多く、乾燥して肌をかきむしるようなことも無くなる子がたくさんいます。そして汚れもちゃんと落ちて仕上がりが柔らかになり、肌に優しいというメリットがありますし、値段も安くて詰め替え用もあるのでお財布にも優しいというのも魅力です。 このように肌の弱い赤ちゃんにとっては、無添加洗剤は非常にありがたいものです。もしアトピーや乾燥肌で悩んでいる場合は、普通の洗剤から無添加のものに変えてみることをお勧めします。

デリケート肌

赤ちゃんの肌とは、とてもデリケートです。それにより、使う洗剤によって肌がかぶれてしまうことも多々あります。そこで、赤ちゃんの衣類を優しく洗う洗剤が必要となるのです。

Read More

使用方法

今や多くの企業が使わているのがウォーターサーバーです。これがある事で美味しい水や白湯が飲む事が出来るからです。このウォーターサーバーで赤ちゃんの離乳食や粉ミルクが作れ、体調にも良いとされています。

Read More

注意点

日本は水道水が綺麗だと有名ではありますが、だからといってミネラルウォーターが蛇口から出ているわけではありません。赤ちゃんのミルクに利用する水はしっかりと綺麗なものを厳選して下さい。

Read More